旅する、不動産。

シェアハウス・ゲストハウス・コワーキングの企画と講師、入居者募集のお手伝いなど行っています。その他、若手社会人の働き方についてなど。

ライター:ヤマモトリョウについての詳しいプロフィールはコチラ

ridexiraba
社会問題というと、何か、巨大なものだと、構えてしまいます。
皆さんは、どんな問題を想定されますか?
僕が、一番、最初に想像したのは、貧困でした。

社会問題に対する関心を上手くデザインした、
面白い一般社団法人を見つけたのでご紹介します。

ikehaya
twitterやfacebookで拡散が簡単になった今、
ブログで一般人が有名人になること、増えてきました。

今では、企業もブログをこぞって始める時代、

「とりあえずブログ始めてみた。」

的な人、増えている気がします。


一方で、良い記事を書こうとすると自然と時間がかかるもの。


実際、僕自身、ブログを書くのに大体、一時間くらいかけてます。

一時間で書くから、毎日かけませんし、
疲れているときなんてなおさらです。

それが短時間で良い記事がかけるのであれば、夢のようなお話ですよね。

どうすれば、短時間で良い記事を書き、且つ、ブログで成功するか、
今日は、プロブロガーの「イケダハヤト」さんに 話を聞いてきました。 

前回の記事に引き続き、カタリバについて書きます。

先日、カタリバで、企画を作ってきました。
 で、昨日が本番でやっと終わりました。

準備の段階では、日をまたぐことがほとんどだった。

けど、それでも途中でやめたいと思わなかったし、

次の日には、すでに
「次は何に参加しようかな」
とか考えてます。

 こんなに魅了されたのはなぜか、自分なりに書いてみます。

12月に機会をいただき、NPO法人カタリバの企画を1月に作ることになりました。


毎日、仕事終わりに毎晩カタリバの打ち合わせに行き、日をまたぎ帰る、という生活です。

自由な時間は、取られますし、悩むことも責任もあります。


それより、なにより、正直、眠い!!



ですが、それでも若手社会人にNPOへの参加をオススメする、3つの理由があります。

20131225_124345


皆さんは、
”世界最貧国の作った製品ブランド”
と聞くと、どのようなイメージを抱かれますか。


100円均一?
まがいもの?
偽者?
海賊版?


途上国の製品と聞くと、そんなイメージが僕にはありました。
が、そのイメージは、どうでしょうか、正しいのでしょうか。


ごめんなさい、
途上国の製品やフェアトレードが悪いって言うんじゃないんです。

ただ、今日行ってきた会社が最貧国で作っているものが、
僕の見てきた途上国の製品やフェアトレードに比べ、ずば抜けてすごかっただけです。

東証一部上場した会社で、面白い会社に行ってきました。


ヒントは、

当時、起業してから東証二部上場まで一番早かった会社です。
(もしかしたら今もそうかもしれません。)

ITベンチャー(平均離職率30から40%前後)ながら、離職率5%以下

グループウェアのシェア、トップ企業
(二番手以降はIBM、マイクロソフト、googleなど 内訳は忘れました。)

副業OK 在宅ワークOK 育児休暇OK 育自分休暇OK 

正解は、