21

Airbnb(エアービーアンドビー)を始める方が最近増えてきました。
私も、不動産の仕事をしていますし、友人のを手伝っているので良く相談をされます。

そもそも、airbnbとは、という方は、
暮らすように旅をする Airbnbを使った、新しい宿泊ビジネス
もどうぞ。

ヤマモト招待枠もありますので、今すぐ始められる方は
airbnbアカウント登録(宿泊チケット、ついてます。)
こちらもどうぞ。


今回は、すごく景気のいい話がある一方で、
「よく聞かれるところは?」
「トラブルになるのでは?」
「事故の危険があるのでは?」
と思う箇所をまとめておきました。 

AirBnBは合法なの?
 
現在の旅館業法だと、正直グレーです。
こんなニュースもありました。
実際に逮捕に至ったケースもあります。

 今年5月、足立区内にある住宅を宿泊施設として営業していた英国人男性が旅館業法違反の疑いで逮捕された。宿泊施設の宣伝文句は「スカイツリーが見える」だった。足立区保健所は宿泊施設として許可を得るよう10回にわたり男性を指導していたが、無視して営業を続けてきたのが逮捕のきっかけになったという。(http://ascii.jp/elem/000/000/962/962110/
 
旅館業法違反で、去年逮捕、ということですが、
これはどうやら、保健所を無視した結果のようです。

また、今年に入って旅館業法を取り巻く事情も変わってきたようです。


行政の思惑ではAirbnbをうまく取り込みたい、という提言も。
 
自民党がまとめた規制改革の提言案が10日分かった。
旅館業法を見直し、自宅で旅行客を有料宿泊させることを可能とするなど、安倍政権の看板政策である「地方創生」を後押しする規制緩和策が柱となっている。
(6月12日読売新聞: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150611-00050000-yom-po)
現状としては、「地方創成」や「東京オリンピック」の影響で緩和に向かっているようです。



Airbnbを始める前に見落としがちなのは?

12
(中野区1週間で43,000円 家賃相場は8万円程度なので、1ヶ月4万円程の儲け)

一番、よく聞くのが通常の賃貸借契約で借り、
管理会社や管理組合と揉めるケースです。

通常の賃貸借契約だと、条文に、
「転貸借を禁止」
つまり、又貸しが禁止になっているケースが多く、
もし又貸しをしたことがバレた場合は、退去になります。

しかし、通常賃貸借契約で、されている方のお話もお聞きします。
近隣の方とトラブルにならないよう、気をつけているみたいですね。
 


Airbnbでよく聞くトラブルは?
 
ずばり「騒音とゴミ」です。

日本人は、世界的に見て特に音を気にすると言われているようで、
海外の方には、その辺りを説明する必要があります。

また、ゴミの出し方も難しいところです。
前回、airbnbをされている方にお聞きしたのは、
「集合ポストにゴミが入っており、管理組合で問題になった」
という話でした。

通常では考えられないのですが、泊まる国の方によって、文化も違います。

騒音や共用部分の使い方で隣人に迷惑をかけて居づらいのって嫌ですよね。
その他、室内喫煙や土足なんかもあるようで、その辺りは気をつけないといけません。


48
http://share.mousousakusen.com/archives/871
 不動産屋にハウスルールの作り方など、聞いてみるのも良いかも)



気になる事故やトラブル、どうすれば防げる?

10


・ハウスルールの作成
・保証内容の確認
・ゲストの厳選

Airbnb内では、ハウスルールを作成する事が可能です。
その中で、ある程度、禁止事項なども入れる事ができます。

また、保証内容は、100万円まで保証があります。
実際、事故が起こった時、保証をされるのはありがたいですよね。

そして、泊まれるゲストは、リクエストが来た際、
承認・却下を決める事が出来ます。
明らかに評価の低いゲストや、
やりとりの中に不安を覚えるゲストは
却下する事をお勧めします。



いかがでしたでしょうか。
実は、今回これだけairbnbを僕が推すのには、
理由があるんです。

なんと、アカウント登録で、宿泊チケットが3000円分、
(僕にも)入りますので、こちらもどうぞ
airbnbアカウント登録(宿泊チケット、ついてます。)

もし、ゲストハウスやシェアハウスをされているのであれば、
今回のチケットを使い、取材に伺います。お気軽にご連絡を。