Looping roof


こんにちは。最近シェアハウスにはまるヤマモトです。
今日は、六本木にあるシェアハウス、LOOFに行ってきました。
何がすごいって、ロケーション、5,6分歩けば、六本木ヒルズです。

そんな場所にあるシェアハウスには、様々な方が関わっていました。


<1>.ただ住むだけではないらしい。

LOOF


夢を持って上京してきた若者たちが、大人の隠れ家と呼ばれる「麻布十番」の「作戦会議室」で暮らす。
ただ住むだけではないらしい。


その秘密基地は、麻布十番を降り、歩いて15分ほど。
誰かのガイドが無ければ迷いそう、まさに、秘密基地でした。





<2>.アイデアの循環をつくり出すための装置(デバイス)

パークサイドシェアハウスLOOF

(この間は、シェアハウス近くの公園で遊んだり。)

ハウスメイト達がお互いに夢や目標やインスピレーションを共有し、
アイデアの循環をつくり出すための装置(デバイス)になっている。
創出されたアイデアを社会に発信し、それがまた誰かのインスピレーションを創出し、
LOOF に回帰されていくというサイクルの始点として作用する。






<3>.ドアをくぐると、多彩な人たちが、そこにはいました。

LOOFに集まる素敵な人々


LOOFに集まる素敵な人々2


LOOFに集まる素敵な人々3

(ダンサーもいれば、シェアハウスマニアもいます。)

僕が行ったときは、
起業家(素敵な女性とのお付き合い方を教えて頂きました。ちょっとだけモテた来。)
ダンサー(起業もしている、おしゃれな方でした)
ハグ侍(ハグについてあつく語ってもらいました。)
セキュリティー(武道やってる後輩が、ホームセキュリティになってました。SEC○Mじゃないです。)
の方がおられ、

一緒に電球を買いに行きましたが、
みなさん、エントロピー高く、電球一つ買うのに、一時間ほどかかりました。





<4>.寝泊まりする場所になったり、ワークスペースになったり、スタジオになったり

勉強会はもちろん、イベントを開催したり、人づてに仕事をもらったりする。
1Fリビングは時にスタジオになったり、ワークスペースになったり、ノマドな人間が寝泊まりしていたりする。
毎日、誰かがドアをノックする。


1階のリビングは10畳ほど。
作戦会議をしたり、遊びに来た人が寝泊まりしたり。

ちなみに、僕の泊まった次の日は、
「朝五時から座禅をする」日だったそうで、
皆さん、早くからお目覚めでした。






azabu


麻布のシェアハウス、というと斜に構えていたり、
シェアハウスだけで完結している印象もありますが、
ご近所さんとも仲良いみたいです。
こうゆうの、良いですよね。

シェアハウスは、騒音とかでご近所さんと仲が良くないこともありますので。

集まるだけじゃなく、世代を超えて、循環する。

そんな、地域コミュニティ、これから大事なのかもしれませんね。



「奪い合えば足りないが分け合えば、あり余る。」
物足りなさを感じている奴らが集まり、刺激を共有して暮らす。
シェアハウスを越えて、夜な夜な何かを企てるアジトになるかもしれない。


秘密基地って、もしかするとこういうものかもしれないですね。


以上、
妄想作戦会議室プロデュースの
六本木のパークサイドシェアハウス、LOOFでした。

妄想作戦会議室の記事はコチラ


シェアハウスについて、近日開催予定のイベントはコチラ。
「家入一真×ちゃんもも◎×妄想作戦会議室 CEO ミナモトユウキ 「まじわるくらしの始め方」
8/23(土)19:30-22:00