AL005_dekiruokanenokarikata20140830500


こんにちは、社会人3年目24歳ヤマモトです。


テーマは、新しい働き方でした。


その中で考えがまとまったと感じたことは

「入社3年は下積み」に当てはまらない若手社会人も一定数いる、

です。



イベントなどを通して、
様々な社会人の働き方や就業観についてよく話を聞くのですが、


新社会人や若手社会人に話を聞くと、
「自分のしたいことは、これじゃない」
ということをよく聞きます。


それを聞くと「逃げ」だと感じることもありますが、
一方で、逃げや甘えばっかりじゃないな、と感じることも最近あるのです。



PAK89_yogoretablocktex1321500


「石の上にも三年」が当てはまらない若手社会人たち


この部類の社会人とは、どんな社会人かというと、
「興味」と「適性」が入社の段階で分かっている社会人です。


適性といっても、営業スキル、といったざっくりしたものではなく、
もう少し細かいことで、
 

たとえば、
「大型の案件をとってくるための営業ツールを作ることが得意」
「商店街のおばあちゃんとの関係を作ることなら得意」
などです。



社会に出る前に、
何らかの意識をもって自ら活動を引っ張っていた元学生は、
「何がしたいのか」「どんなことが自分に向いているのか」
が経験から分かっている場合があります。







PAK51_glasswomawarumizusibuki500

現在の企業体質ではこぼれ落ちる、若手社会人たち


現行の組織の体制だと、
「興味(したいこと)」「適性(得意なこと)」を活かす前に、
「まず営業」という会社が多いです。

すべての新社会人が必ず現場で経験を積む必要があるか
というと一概には言えない
では、と感じます。



ただ、現在の企業体質では、

「現場仕事が嫌だから、『したいことはこれじゃない』という新入社員」

「自分の適性を発揮できず『したいことはこれじゃない』という新入社員」
の区別がしにくいため、新入社員をおなじように扱います。


が、結局、やりたいことを会社でする前に、興味が向いている方向に転職したり起業したりします。

でもそれ、会社にとっても、その人にとってももったいない気もします。






やりたいことをやるために退職、そして壁にぶつかる若者


一方、会社を辞め「したいこと」がお金になればいいのですが、

退職した人が口を揃えて言うことは、
「お金がない」ということです。

意外と、「やりたいこと」や「できること」が明確でも、
「マネタイズ」の壁にぶち当たります。


やりたいことやできることがあっても、
それを価値として発信できない場合があります。






OZP85_iPhonijirinagarairaira500


会社が社員に仕事を任せるためのプロセス


インターンシップを行って気づいたことは、

「会社側は、『何がしたいか』を従業員に聞く機会が少ない」

ということです。
 

仕事を任せるとき、「○○したい」という希望を聞くよりも、
「前回この仕事はうまくいったから、このくらいのレベルであればできるだろう」
という予測から仕事を任せます。



私自身、インターン生に仕事を任せたことも
「このレベルなら大学生でも大丈夫だろう」
と思って行いました。


つまり、仕事を任せる判断材料が「過去任せた仕事」と「上司の認識」になります。


そうなると、何がしたいか、という会話が上司と部下の間でなされていなければ、
本当にやりたい仕事なんて、上司が「適性がある」と判断しないと仕事が来ません




つまり、「やりたいこと」や「適性」が明確でも本当にやりたいことは会社では、しにくい。

という現状があります。
 

ナビをつかった就職活動から脱却を図る企業も増えてきました。
 

が、会社内で、適性と興味の合うことをする方法ができれば一番
だなぁと思う日々です。