10429225_826167860758056_2730345766682872258_n
先日は、高校生向けのプログラムに社会人パネラーとして行ってきました。
 

対象は、修学旅行で来ている地方の高校二年生。

(会場は舞浜、明日の昼間はディズニーランドだそうです。)


最近気になっていることがあり、
今日のパネルディスカッションの中で、100人程の高校生に尋ねてみました。


「仕事は大変だと思う?」
結構、手が上がりました。



「仕事は楽しい方が良い?」
これもほとんどの生徒が手を上げてました。


「やりたいことある?」
これは、3分の1程度になりました。


「じゃあ、楽しい仕事に就けると思う?」

ほとんど手が上がりませんでした。


高校生の意識としては、
「仕事は大変だと思うし、どうしたら楽しめるのか分からない、でも楽しみたい。」
なのだろうと思います。


不思議なのは、
「やりたいことがある生徒も、仕事を楽しくできるという生徒は少なかった」
ことです。


これは予想なのですが、
「やりたい仕事を見つけなさい」
と言われるけれど、
「仕事の楽しみを見つけなさい」
とは言われることは少ないのかな、と感じます。



10384275_826167837424725_1796770793262773610_n

日本の会社だと特に、
「広告を作る仕事がしたい」
と思って広告の会社に入ろうとも、
営業をさせられたり、事務や経理、人事をさせられることも、よく聞く話です。


就職ではなく、いわゆる就社です。


にも関わらず、僕らが小さい頃から聞いたのは、
「やりたいことを見つけなさい。」
ということでした。


登壇したときは、「中小で働く、元理系の若手社員」として話してきましたが、

形が違えど、どんな仕事にもやりがいはあると思うし、どんな仕事も楽しめる、

自分で真剣に向き合えば、より楽しい仕事は何なのかも分かるようになる、と思います。


これから社会に巣立つ人に、楽しい仕事に就くことも大事だけれど、
仕事の楽しみ方を伝えたい、ヤマモトでした。