11286450_816346925117768_494641377_o
(写真提供:カメラマン三木清太郎さん)

こんにちは、ハタラクワカモノ研究家のヤマモトです。
大学の後輩で、孕石修也(はらみいし しゅうや 以下孕石)が
affettiという塾を初めて4年目。


今回、愛媛県松山市に滞在している間、話を聞いていましたが、
「塾では、全く勉強を教えていない」
と豪語。

「おいおい、大丈夫かよ」
と言う事で、真相を確かめてきました。

詳しくはこちらもどうぞ
affetti ホームページ:http://affetti.co/




<1>.教科を教えている時間は1割程度

早速、孕石の塾に行きましたが、
確かに勉強を教えているそぶりは全くありませんでした。
全く、というのは少し言い過ぎなのですが、
それでも、生徒が「分からない」という質問をし、それに答えるだけ。

時間にして1割程度でしょうか。
塾の営業時間は、17時から22時までなのですが、
1人の生徒に、勉強を教える時間は30分程度。
割合にすると1割程度です。




<2>.それでも、生徒の7割は成績が上がる。

IMG_20150520_153023
(ところどころに、塾長ポエム。)


しかし、affettiに通っている生徒の7割は成績が上がっているそう。

気になって、孕石に聞いたところ、
だって勉強は、教えるものじゃなく、自分でするものでしょ?
と、ドヤ顔の孕石でした。(当社比)

確かにaffettiでは、生徒は塾に来るなり、宿題や教材を出し、勉強を始めています。
そして孕石も「ちゃんとやってる?」なんてことも聞かず、
隣の部屋で見ているだけでした。

生徒の特徴としては、嫌々来ている子が居ないというところです。
中には、親からの反対を押し切って塾に通っている子も居るそうです。

本当に来たいかどうかは、体験入塾の際にも、きちんと面接。
一週間の体験入塾があるのですが、体験入塾が終わった際、
「本当に来たい?」
と生徒に聞くそうです。(親ではなく。)

一週間経ち、生徒が「来たくない」と言った場合には、
親が何を言おうが断っています。




<3>.「勉強は自分でする」には入塾後1ヶ月目が大事。

IMG_20150520_152740
(教科を教える、ということはしない。)


「入塾から1ヶ月は特に大事にしている」
と語る孕石ですが、
体験入塾を含め1週間から1ヶ月は、特に大事にしているそう。

最初は、ワークシートで今までの自分と向き合う時間を作ります。
その上で、今後の方向性を考えてもらいます。
今後の方向性になると、うまく言葉にできない塾生も出てきますが、
よく考えたら、そうですよね。
就活のときに、自分の志望動機をいろいろ考えてみましたが、
うまく言葉にできなかったと思います。

孕石は、「方向性を出なくても、考える時間を大事にしたい。」と。

大学生になるとすごく感じた事が、
「なんで、僕は勉強しているんだろう」
という事です。
僕自身は、大学の途中で将来やりたい事が、学部の中になく、
いろんな授業に潜っていました。

それは、できなくも無いんですが、すごく無駄なんですよね。
学部が分かれる前に考えていれば、
もっと言うと高校生の時から考え続けていれば
と思う事もあります。





<4>.実は友達が少ない生徒。

IMG_20150520_153003
(学習スペースはしっかり完備。iPadもあります。)

方向性が決まったなら、そこに付随する、
勉強する意味を塾生自身が個人で見つけていきます。

それは、夢のかなえ方でもいいですし、身近なものでも、
どんなものでもよく、例えばある子は、
「勉強ができれば、今居る居場所が快適になるから。」
と言っていました。

確かに成績いい方が、学校に居やすいですよね。


実は、affettiの塾生に共通する点があったのですが、
それは友達が少ないことでした。

孕石は、
「現在の公教育だと、学校に居場所がないと
 一度でも感じてしまうと、
 自分で勉強する機会が損なわれてしまう。」
と言っていましたが、まさにそうだなと感じます。

では学校とはどう違いがあるのか、
それは、「強制されないこと」でした。
不登校の子や保健室通いの子も、affettiには来ます。

最初こそ、勉強する意味など、一緒に考えますが、
塾に通ううちに、生徒は自分で方向を決め、
自分でやりきる様
に変わります。

そうなると自分に自信がつきますよね。





<5>.勉強じゃなくても良い。

IMG_20150520_152808
(真面目なのかふざけているのか、アットホームなのは間違いない。)


孕石自身は、「別に、勉強でなくても良い」と。

勉強という手段自体は、体験しやすいツールで、
部活動などと違い、相手が居ないから、
学習塾を手段にしています。
自分がやった分だけ、成果が出る、
そんなに気持ちいい事って無いですよね。


「自分で勉強するだけなら、図書館や家で良いじゃない。」
と思うのですが、これが面白いところで、
「聞ける人が近くに居る」
という安心感から、勉強の頻度と進度が変わります。

成績が上がる生徒は7割、と書きましたが、
残りの3割の生徒は、勉強や成績を上げる事目的に来ておらず、
孕石と話し、自分なりに正解を探していました。



<6>.教育というインフラ

IMG_20150520_152747
(税所篤快さんも、来られました。)

冒頭では「生徒に教えている時間は少ない」と書きましたが
孕石が、生徒と接している時間は長く、
塾が始まる前に、生徒一人一人のファイルに対し、
自分なりのコメントを入れていました。

生徒からは、いろんなコメントが来ます。
「友達が少ないことが悪いの?」
「本当にみんなと仲良くしないといけないの?」
「学校に行かない事って本当に悪いの?」

学校は人間関係を育むところでもある一方で、
「全ての先生が生徒を見れている訳ではない。」
というところにも、疑問があるみたいです。

生徒が自発的に勉強し、居場所を作って行く、
この塾の雰囲気は、孕石だからこそ、
醸し出される雰囲気なのかもしれないなと感じました。


詳しくはこちらもどうぞ
affetti ホームページ:http://affetti.co/