僕、山本はここ数ヶ月悩んでまして、
もっと言うと病んでまして、
やばいなあやばいなあ、
と思いつつ、ずるずる来て爆発しそうだったので、
いくつか実行して、体系的にまとめました。

まずなんで病んでるか自覚あったかというと、
・誰かと話をしていても、評価ばかり気にして本音を言えない
・何かを発信する、新しいことをするにも人の目が気になる
・眠い、とにかく眠い、朝辛くて起きられない
・ケータイの着信が怖い

これらあり、
「あれ僕はこんなに空気よんでたっけ。」
と思ったところが始まりでした。

それからだんだん、
無気力というか外部の刺激に触れたくない、
と拒否反応がでてました。やばい。
 


ストレスの原因を考えてみる
まず最初に考えたのがストレスの原因でした。
毎日、それなりに楽しかったのですが、
どうにもストレスが溜まっており、
これはやはり環境の変化かと。

そうなると、変わったこと言えば
・ビビリなのに人を雇うこと
・引きこもりなのにテレビに出たこと
・人見知りなのに密着取材
が、おもなストレスの要因のようでした。
人の目に触れたり、
常に評価にさらされ続け疲れたのかもしれません。

僕はもっとのびのびやっていたな、と

とはいえ、この辺りは避けて通れず、
むしろこれからどんどんやっていきたいところでした。
どうにかこうにか、その他の方法を考えます。



とにかく逃げる
まず逃げました。
というかこの辺りは意識的にしたというより、
割と反射的に逃げてたところがあるなという感じです。
逃げて逃げて、休めるだけ休み、
最低限の仕事のみにする、押し付けたり、
仕事を断っても意外となんとかなる
(社長だから、というのもある。その分復活したら徐々に頑張ることにしました。)
逃げたいな、と思い始めたからこそ、
自分が病んでるのでは、と思う節もありました。



場合によっては、国外に逃げる。
国外に逃げるとら強制的に電話に出なくてよく、
仕事の半分はなくなります。「海外出てるんで、メールでお願いします」
 
僕は一人で仕事していたとき、一日の半分は電話してました。
お客様の電話を「はいはい」と聞いていると、
だいたい1件30分、長いときだと1時間ほどかかります。
でも要件で言えば、メール1、2行ほどだったりします。
実は、電話って、自分の感情を伝えるには良くても、
要件伝えるには時間がかかって、
相談には向くものの、連絡や報告には向かないなと常々思います。
 
例えば、報告と連絡は、
「メール→電話→面会」
の順に仕事するようにしました。
あと、電話って結構体力使うんですよね。疲れます。
国外いくときは、逃げるとか言わず、
感性を磨く旅、とか適当な理由つけとけば、
周りから心配の目で見られなくて、よいです。


信頼できる人に相談する
結構、ハードル高いんですが、一番即効性あります。

相談するのは、
すごい人ではなく、身近な人
論理的でなく、感受性豊かな人
利害関係ない人
かなと。

すごい人に相談すると、
「ああ、そうだよね、でも自分には無理」
と思いますし、
論理的な人に相談すると、事象についてはアドバイスくれるので、
相談し終わったあと、
「課題は分かってはいるけど、解決できない」「解決する力が自分にはない」
と自己嫌悪になります。
利害関係者だと、本音で話すなんて無理。
上司に「何か気になることあれば言えよ」なんて
イケメンなこと言われても、相談なんかできません。
僕は会社員時代、よくいく焼肉屋で店長に相談、
というか愚痴ってました。

んで、これは社長になっても部下には相談できず、
「これ、言ってこんな風に捉えられたらどうしよう」
で頭がいっぱいです。
相手に気を遣いつつ相談になってしまうので、
自分が悩んだ仕事のことを相談するのは、
自分の精神衛生状態の良い時をおすすめします。
(だって、それは半分仕事だし。)

あと、それなりの歳の経営者が、
奥さんではなく、キャバクラ行くのは良くわかる気がしてきました。
なんか奥さんだと、利害はっきりあるし気になります。
それがキャバクラだと、とにかく黙って聞いてくれるから。
いや、行ったことないから知らんけど。

なので、信頼してる人とよくご飯に行きました。

誰かに相談するときのポイントは
絶対、2、3人に相談することで、
1人に相談すると、毎回その人にとって迷惑になるだろうし、
場合によってはめっちゃ重いやつになるし、
いろんな人に相談しすぎると、
周りから見ると、いっつも相談してる痛いやつになる(と自分が思ってしまう)
僕は悩むと毎度いろんな人に話してしまうから周りの目、めっちゃ気になるので、おすすめしません。
あと、2、3人に相談すると客観性でます。



考え事するときは、時間を30分ほど取って、紙に書き出すようにする。
これは、習慣で遅効性のものなのですが、毎日悩んで悩んで仕方ない方におすすめ。
紙に書くと分かるけど、
結構同じことをぐるぐる考えてて、考えてる時間は長いのに、
悩んでることは1つ、結論は出ないままぐるぐる考えてます。
紙に書き出して(捨てるの嫌だからよく燃やす)
もしくはワードに打ち込んで、
結論まで七割以上見えれば、結構希望見えてきます。
 
あと、びっくりするけどだいたい30分、
紙に書きながら悩んでると、
不安について悩んでることにバカらしくなってきます。
効果は2日くらいしか持たないので、習慣にするのがおすすめ。

僕は週末はバーに行くことにした。
キャバクラは行ったことないし、ハマりそう。怖い。
カフェでも良いのだけれど、
割と夜考え事することが多いので、僕の場合はバーにしました。
バーだと、静かにのんびり考え事できるし、
こちらから話したそうな雰囲気ださなければ、
話しかけられないです。
んで、話し過ぎたとしても、「もう来ない」という選択肢もできるので。
あと、バーだと僕の性格上かっこつけて、泥酔できないし。
静かにのんびり考え事して、リラックスするのに、よく行きます。

かっこつけるで思い出したけど、
失敗を受け入れる練習も大事かなと思います。
何か不安に思っているときって結構、失敗が怖いところあります。

んで、失敗を受け入れるのには、ゲームします。
ゲームって割と、世間の評価は低いんですが、
成功や失敗の疑似体験にすごくいいなと。
漫画とかもいいんですが、設定が緩かったり、
操作性がないので、疑似体験には弱いかと。

だんだん、とりとめなくなってきましたが、
そんなこんなで、ゲームをしている僕を見ても、
「失敗の疑似体験をしてるんだな」
と暖かく見守ってください。