こんにちは。
ヤマモトです。

最近は、大家、と名乗るのも権威的で恥ずかしいなと思っているんですが、
モテアマス三軒茶屋の大家です。

大家、と言っても、物件を借り上げているだけなので、所有者ではありません。あしからず。


そんなモテアマス三軒茶屋はおかげさまで3年を迎えました。

バルサンで、カズキタさんが体調が悪くなったり、
クリスマスで、リビングの床の真ん中にピザが1つだけ落ちていたり・・・

そんなモテアマスはもうありませんが、代わりにたくさんの仲間が増えました。


 

 



モテアマスの運営自体は、カズキタさん、武田さん、そして僕の3人でスタートしましたが、
最近は完全にカズキタさんに任せ、現在ヤマモトは完全に無職状態。

このブログは、自分の自己肯定感をなんとか頑張って維持するために書いています。





最近の僕は本当に役割が何にも無くて、
主にやってることは、「家賃を待つ」「トイレットペーパーを買う」くらい
最近は天才カズキタさんの才能に嫉妬する毎日です。



自己有用感もなくなってしまったし、
最近では、スナックを始め、モバイルハウスを建て、
新しいシェアハウスを作るために家出しました。

(僕のことを大家だと認識する人はもういない・・・寂しい・・・)




 








3周年で改めて、すごく愛されるシェアハウスだなあと感じました。









3年経って、変わったことも、やっぱりたくさんあります。

モテアマスは現在26名
モバイルハウスも増えたし、2拠点住民も増えたし、
本当に人だらけ。

とはいえ、もともと14人で使っていた空間を使う人が増えることで、
起こる問題もしばしば、です。




でも、問題があったのは、立ち上げた最初だってそうでしたし、
上手く行っていた、ように見えてもいろいろ課題がありましたし、
住む人が変われば、心地よさだって、雰囲気だって変わります。

課題が変わるのと同様、
時期によって、変わる良さがありました。




(最近は言わなくなったけど)カズキタさんがよく言う、
「今は、シーズン4だ」
という表現が好きです。



モテアマスのシーズン1とシーズン2では、全く室内が違うし、
シーズン3とシーズン4ではフリーランスの割合が違いました。

時期がかわると、全く違うシェアハウスになる
それは、いつだって「住民が主役のシェアハウス」だからだと思います。


僕たちは場所をシェアするのではない、
いつだって時間をシェアしているんですよね。



主任のカズキタさん、住民のみんな、ありがとう。
遊びに来てくれる皆さんも、いつもモテアマスを愛してくれてありがとう。




※毎月、25日は、家賃の振込日です。