41


こんにちは。
シェアハウスを渡り歩く、都内バックパッカー ヤマモトです。

都内の家賃って、高いですよね。
僕は普段の仕事は、不動産なので、
常日頃目の当たりにし、
少し感覚が麻痺してきますが、
愛媛の生活コストからすると、
少し高いよなぁ、と思います。 

 そんな都内の家賃が、もしも0円だったら、
皆さんは、何にお金を使い、どんな風に生活しますか?

今日は、そんな家賃0円のシェアハウスに、
泊まり込み取材に行ってきました。 


南千住駅から歩いて12分程度、町工場や一軒家が立ち並ぶ、その一画に
そのシェアハウス、TOLABL(トラブル)はあります。

10458474_1534707033430991_6201214464426276675_n

目印は、一階の窓ガラスのアート。水で消せるのでデザインは変わるかも・・・?





そもそも、TOLABL(トラブル)とは
0円で利用可能な、クリエイターのための情報発信基地
(引用:クリエイターズシェアハウスTOLABLhttp://www.tolabl.com
とのことです。


    詳しくは、こちらもどうぞ。
    facebook公式ページ(https://www.facebook.com/tolabl
    公式ホームページ (http://www.tolabl.com



1階は、工房みたいになってます。

素敵なデザインのガラス戸を開けると、
43
よくわからない、工作機械がたくさんあります。
どれか忘れましたが、自作の3Dプリンターもあるそうです。


54
プロジェクターや長机、ミーティングにも最適ですね。



2階から上は、住居になってます。


そして、玄関開けると
10352205_1557188157849545_7489187103002802152_n
またまた、アートがお出迎え
(これ、壁紙に墨汁で書いてます。)

※もちろんオーナーさんの許可はいただいている上で行っております。



10426608_1556530314581996_4010756511080323123_n
こんな絵も。迫力ありますねー。


2階に上がると、広いリビングがお出迎え

10419974_822864867755022_3322926357085247893_n
白い板張りのリビングダイニング

10553317_822864857755023_7342968981938490491_n
キッチンもしっかりしてます。

もともと、築の古い家なのですが、内装をリノベーションしています。
リノベーションもセンスがありますね。



10668839_1535966526638375_803172282375794439_o
和室はゲストルーム
今日はここで寝ました。(ゲストルームなのに個室でした。ありがたやー)




そもそも、なんで家賃が無料なの?

TOLABLのプロデューサー、土屋氏は自転車のレンタル共有サービスCOGOO(コグー)の企画立案者でリレーションズ株式会社のプロデューサー。TOLABLのコンセプトは昨年末に思い立ち、会社に内緒で場所を探し、あとは施工開始するだけ、という状態で会社に企画を持ち込んだんだとか。
TOLABLでは2年間のうちに20個のプロジェクトを世に放つというミッションがあります。そのうち数個でもヒット作が生まれれば、リレーションズ株式会社の宣伝にもなるだろう、という意図で生まれています。またリレーションズのVisionである『b++(ビープラス)/ マイナスがプラスになる瞬間を創り続ける』にも沿うものとなるのではないでしょうか。
でも、たぶん、きっかけは「そんなのあったら面白いんじゃない!?」という夢中な気持ちなんじゃないかと思っています^^
引用:ミジンコブログhttp://mijin-co.me/share_house_tolabl/ 
住民でもある、細胞アーティストのOumaさんのブログから引用しましたが、家賃は、実は運営会社持ちです。「そんなのあったら面白いんじゃない?」ってすごく太っ腹ですね。

ですが、住民は101名の中から選ばれた、わずか4名、とかなりの倍率です。だから、住んでいる人の経歴も様々です。(その後も50名以上から入居したいというオファーいただいてます。)



宿泊費も無料。

宿泊の一般開放も行っており、費用等はかかりません。
そのかわり、家の備品や消耗品を買って持って行くことがルールとのことです。
(ただし、今は一般開放はしておりませんので、まずはイベントで知って頂くことが良いと思います。)



1488101_822864894421686_8807064414988660591_n
トイレの消臭剤、買って行きました。


10408782_822864964421679_2986869296321728754_n
屋上からはスカイツリーも見えるよ。 


 


00

クリエイターのシェアハウス、とのことで泊まりに行って、将来やりたい企画の話をしていたのですが、そのまま、クラウドファンディングの相談になりました。 人が集まる場所には、文化ができるなあと感じる、ヤマモトでした。