17

こんにちは。「旅する、不動産」の山本です。
5月から、フリーランスとして働いているのですが、本日初めての「お寿司払い」を受注しました。



今回のお仕事は、動いたは動いたものの、「物件探しは自分たちで」「契約は当事者同士で」とのことで、ほぼ確認をするだけの作業でした。ですので、正直どう見積もりを取るか迷った結果、
「じゃあ、今度ご飯おごります。」
「それでいきましょう、是非お鮨で。」
ということで山本フリーランス史上初のお鮨払いとなりました。

この関係って、結構素敵なことだなと思うのです。



フリーランスになると、「金銭的に安定しない」とよく言われます。(強がりではなく僕もキャッシュフローを良くする為に必死です。)

お金の価値って何だろう、と。行き着いた僕の答えは“自由”なのかなと思います。おいしいものが食べれる自由、行きたいところにいける自由、なにもしない自由———お金があればより多くの自由が手に入るけど、それってお金以外の物でも代替できるんじゃないかなと思います。


じゃあ代替できるものをやってみるか。
ということで不動産相談、お昼ご飯払い始めます。

不動産相談って、メッセージや電話だと分かりにくいけれど、直接会ったら即解決、みたいな事かなり多いです。しかし、相談には30分から1時間とピンキリですし、相手によって払える金額も変わります。金額も曖昧です。どうすれば、公平性が保てるかなと考えた結果、お昼ご飯をおごってもらい、その時間、相談にのる、という形を試験的にやってみようかと。(すぐ飽きそうなので、8月15日まで。)



不動産に関わることであれば、
「シェアハウスをやってみたい。」
「引っ越ししたいけど、何から始めたら良いかよくわからない。」
「地方に転勤になった。」
「普段、不動産会社に行く時間無いけど、ランチタイムを使って不動産について聞いてみたい。」
など、何でもご相談ください。


ただし、相談に乗るのは、こんなやつなので、あらかじめご了承ください。
・不動産会社には3年おりました。
・総武中央線 中野駅近辺に住んでます。
・東京歴はもうすぐ2年です。
・今は、共用部企画・運用・シェアハウスの管理・空室転用をしてます。
・嫌いなものはプリンです。


昼飯は、手料理でも良いですし、コンビニの弁当でもいいです。
お仕事のお忙しい方は、会社の近くまで出張します。
飽きたら、辞めます。では。