こんにちは、ヤマモトです。

最近、よく聞く、「社会起業家」
社会をよくすることをビジネスにする、そんなビジネスモデルは素敵ですよね。

でも一方で、なかなかお金にならないことも事実です。
そんなとき、自分のビジネスモデルを客観視してくれるものがあればいいですよね。
今日は、そんな社会起業大学に行ってきました。

<0>.そもそも社会起業大学とは

1社会起業大学

“ビジネスの手法を活用しながら広く社会に貢献する「社会起業家」、企業の中で事業を立ち上げる「企業家」を育成します。”


昨今、ボランティアや社会貢献に関する意識は、高まり、NPOって増えてますよね。
でも、その一方で、どうやって継続のためのお金をとりつけるか、難しい課題でもあります。

どれだけ良いことをしていても、キャッシュポイントが見つからず、計画が頓挫する恐れがあります。
そのキャッシュポイントをどうやって作るか、を考える場所です。




<社会起業大学の魅力1>.異なる角度からのアプローチ 

社会起業大学2

社会起業は、志から起業することが多く、課題意識が先行することが多いです。
一方で、何となく課題に感じる部分はあるものの、なぜ、それが課題なのか、
自分自身でもよくわかっていない場合があります。

社会起業大学では、まずそこを掘り下げます。
(通常のビジネススクールとはアプローチが違いますよね。)




<社会起業大学の魅力2>.同じ志を持った仲間たちの存在

“社会起業大学は「社会をより良くしたい」という志を持った人のプラットフォームです。

面白いなぁと思う二つ目は、ずばり「大学」であるところ。
少人数制ですが、5、6名に対し一人の担任の先生がつき、授業が進みます。
ひとくくりに生徒と言っても、学生や社会人、個人事業主、起業家まで様々です。
実際、自分が行っていることも異なりますので、そんな仲間と学ぶうちに、
卒業後、一緒にビジネスを行うこともあるのだとか。



<社会起業大学の魅力3>.人によって異なる成功の定義

一般的に起業を目指す人は、少なからず
「お金持ちになりたい」
という意思があるような気もします。

ただ、高度経済成長後、バブルが崩壊し、
単にお金を得るだけに満足できないひとが増えました。

社会起業大学の面白いところは、
成功=お金持ち
と定義していないことがあります。

もちろん、
社会貢献=成功
でもありません。



人の異なる、価値観に合わせた事業モデルや、これからの働き方を追求する
社会起業大学が面白いな、と思います。
(ちなみに、僕の価値観について、話をお聞きしましたが、当たってました笑)

無料の体験授業もあるみたいです。
是非是非、足を運んでみてください。



近日開催の筆者登壇予定の、仕事に関するイベントはこちら
【学生・社会人歓迎!】「退職」をテーマに「はたらく」を考えよう!vol.2
8/27(水)19:30-22:00
https://www.facebook.com/events/251051788439508/