09

こんにちは。ヤマモトです。

 

 

岩手県陸前高田市に、「箱根山テラス」という施設が、オープンしましたので、

そちらへ遊びにいきました。

 


 

0.  箱根山テラスとは


IMG_20140918_155719

箱根山テラスは、2014年秋「木と人をいかす」をテーマに

陸前高田にオープンした宿泊・滞在施設です。

お部屋は和洋あわせて全14室。シンプルで小さな宿泊施設ですが、

施設のどこにいても光や風が自然の心地良さを運ぶように、
設計されています。

−箱根山テラスより(http://www.hakoneyama-terrace.jp 


市内から車で10分くらいでしたが、

森や風の音で、麓の造成工事の音が聞こえず、

また、生活空間も見えません。

日常を忘れる、まさにそんなための空間でした。




箱根山テラスには、この地域の方と他の地域から来られる方が、
気兼ねなくおしゃべりをしたり、思い思いの時間をすごせるように、
広々とした共用スペースがあります。
階段状の大きなテラス、ペレットストーブのあるカフェ、バー。
ワークショップルームとコモンキッチンも備えました。
         −箱根山テラスより(http://www.hakoneyama-terrace.jp 


リアス式海岸の内海から吹き込む9月の風は、

少し肌寒いくらいで、

階段状の大きなテラスで飲むコーヒーは格別でした。








1.便利、ではないと思います。


IMG_20140918_180518

箱根山テラスは、いわゆる観光リゾートホテルではありません。
行き届いた設備はありませんが、海を臨む眺望や美しい緑を味わい、
豊かな時間を過ごせるようにつくられています。
ゆったりとした宿泊・滞在の時間をお過ごし下さい。
なお、昼食・夕食については、
予約時にご相談いただければ手配することが可能です。
−箱根山テラスより(http://www.hakoneyama-terrace.jp 



部屋には、ゆっくり過ごしてもらいたい、という想いから、
時計やテレビがなく、

周りにコンビニもありません。

部屋に冷蔵庫もありません。

 

不便、と行ってしまえば、それだけですが、

でも非日常を楽しむには、ちょうど良い心地よさでした。

  


IMG_20140918_162208

 

腕時計をつけていなければ、

今、何時なのかも分からないくらい、

のんびりできる贅沢がありました。

 

 

 

 




2.ワークショップもあります


16

20代前半の日本一周を経て、震災後はとくに東北での生業づくり、
その土地のモノ・ひと・状況から仕事を生み出す活動を積み重ねている友廣裕一さん。

星野リゾートなどのランドスケープ設計を手がけるかたわら、
この2年ほど陸前高田に通いながら、
外部の専門家として出来ることを模索してきた長谷川浩己さん。

+西村佳哲の三人と、オープン直後の滞在施設で。

つまり出来たての新しい楽器を演奏するような感覚で、
生業づくりやランドスケープのことも学びながら、
メディアが紹介するそれとはたぶん違う陸前高田の味わいを分かち合いたいと思います。

旅は「誰と行くか」でひらかれる世界が変わる。
この三人といまの三陸沿岸部に行ってみたい人、
三者それぞれの仕事や生き方の最前線に関心のある人、どうぞお集まりください。
−箱根山テラス 西村佳哲さんのことばより
http://www.hakoneyama-terrace.jp



箱根山テラスならではのイベントもあります。
例えば、箱根山テラスのプロジェクトに初期からずっと関わっていた、
西村佳哲さん(働き方研究家)がワークショップを行います。

(行きたかった!日程があわず、行けませんでした。)

ほかにも、木にまつわるイベントもあります。







3.お部屋にもこだわりあります。

IMG_20140918_155633

宿泊棟は全室南向きで、テラスと、海と山を望んで建っています。
お部屋にテレビや有線放送はなく、室内は静か。
鳥の声や森のさざめきが耳にとどきます。
窓を開けると、静かな風が季節の匂いを室内に運び入れてくれます。”
                −箱根山テラスより(http://www.hakoneyama-terrace.jp 






IMG_20140918_160644

部屋の扉を開けると材木の薫りと背の高い天井がお出迎え。
  

日の出とともに、目を覚まし、
窓を開けると、森の朝の空気とともに、
山鳥のさえずりが、部屋の中へ。


 


4.もちろん、アメニティーにもこだわり

27

アメニティーには、
イケウチオーガニックのタオル
(こちらは、愛媛県の「風で織るタオル」として有名です。)
Kune(クーネ)
など、こだわりの一品です。




いかがでしたでしょうか。
時間を忘れて、のんびりしたい
そんな方にぴったりの場所かもしれません。